ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
サイトの主なメニューへ移動。
メニューを飛ばして、このページの本文へ移動。
ここからページの本文です。

留学学生査証情報

就学許可証について

就学許可証とはカナダで就学するために必要な許可証で、英語の名称は「STUDY PERMIT」です。この就学許可証を申請する前に、まず以下の説明によく目を通し、あなたが希望する学校及び期間等が就学許可申請の対象となるかどうかご確認ください。

就学許可証が免除される場合

もし就学期間が6ヶ月以下のコースで、入国からの滞在期間が6ヶ月以内の場合は、大学、短期大学、語学、職業訓練の別を問わず、就学許可証は免除されます。

就学許可証が必要な場合

  • 就学期間が6ヶ月を越える場合、または
  • 6ヶ月以内でも
    • カナダで合計6ヶ月を越えて勉強したい場合
    • 公立の教育機関、または学位を授与する資格のある私立の教育機関でフルタイムの学生として就学し、その教育機関のキャンパス内で働きたい場合
    • 履修コースに必須科目として、co-opやインターンシップなどの実習が含まれている場合。
    • 受け入れされたコース自体が6ヶ月を超える場合。学校間の交流プログラムの場合を除き、受け入れされたコースそのものが6ヶ月を越えるコースの場合は、たとえそのコースの一部を受講し、6ヶ月以内にカナダを出国するつもりでも、就学許可証が必要になります。

留学費用

留学にかかる経費は学校やコースの内容、また宿泊を提供してくれる親族や知人がいるかどうかによって異なりますが、一般的には下記の基準が目安となります。また、1年以上勉強する場合でも、費用の証明は1年分で結構です。

ケベック州以外のすべての州 [1年分の目安]

  • 申請者本人の分:$10,000(生活費・雑費)+ 学費
  • 同行の配偶者分:$4,000(生活費・雑費)
  • 同行のお子さん一人につき:$3,000(生活費・雑費)

就学許可証が必要な場合は、先ず所定の方法で申請料金を支払った後、できるだけ早く申請書と必要書類をカナダ大使館査証部へご提出下さい。申請所要日数は、ケースによっても異なりますので詳しくは申請所要日数をご参照下さい。

審査が終了すると...

申請の審査が終了し、許可が下りると、就学許可証発給の通知書(手紙)が送付されます。これは就学許可証そのものではなく、就学許可証をカナダ入国時に発給してもらうための通知書ですから、カナダ到着時に必ず、入国審査官に見せて下さい。その後、2次審査にてその通知書をもとに本人確認をしたあと、就学許可証を発給します。就学許可証にはカナダでの滞在条件と有効期限が明示してありますから、必ず内容を確認して下さい。また、就学許可証はパスポートにホチキスで留め、さらに紛失に備えコピーを取るなどしておいて下さい。

就学許可証の有効期限

通常、Grade 1-8 までは一年の就学許可証(毎年更新)、Grade 9-12 のセカンダリースクール及び、大学、専門学校の場合は、コースの全期間+3ヶ月の就学許可証が発給されます。但し、いずれの場合も、申請者のパスポートの 有効期限が、受入れコースの期間より短い場合は、パスポートの有効期限に合わせて就学許可証が発給されます。そのような場合は、カナダでパスポートを更新してから、カナダ国内で就学許可証の延長申請をして下さい。

ページ上部へ

未成年者の就学

カナダでは、各州が独自に成人年齢を定めています。従って、就学者の年齢が就学する州で決めた成人年齢に満たない場合は、その州においては未成年とみなされます。各州における成人年齢は次のようになります。

州名(成人年齢)

  • アルバータ (18)
  • ブリティッシュ・コロンビア (19)
  • マニトバ (18)
  • ニュー・ブランズウィック (19)
  • ニューファンドランド アンド ラブラドール (19)
  • ノースウェスト準州 (19)
  • ノバ・スコティア (19)
  • ヌナブート準州 (19)
  • オンタリオ (18)
  • プリンス・エドワード・アイランド (18)
  • ケベック (18)
  • サスカッチュワン (18)
  • ユーコン準州 (19)

後見人の許可

未成年者がカナダで就学する場合は、カナダに在住する後見人が必要です。未成年者はすべて公証印のある宣誓書(declaration)を二部提出しなければなりません。一部は保護者(両親または法的保護責任者)が署名したもの、もう一部はカナダの後見人が署名したもので、親に代わる後見人の手配が完了していることを示すものです。

未成年者の申請の場合は、未成年者がカナダ滞在中、十分な世話と支援が受けられるよう、適切な手配が完了していることを表明し、査証審査官を納得させなくてはなりません。

後見に関する宣誓書のフォーム

申請書のキットの中に保護者用とカナダの後見人用の2種類のフォームが入っています。

  • 就労許可証もしくは就労許可証の申請者が就学年齢の未成年者を同伴する場合は、当然のことながらこれらのフォームは不要です。
ページ上部へ

同伴家族について

家族同伴で留学、若しくは就労する場合は次の点にご注意下さい。

健康保険

カナダの入院、治療などの医療費は大変高額です。州によっては公的健康保険に加入できない場合があります。受給資格がないと考えられる場合には、ご自身で学校が提供している保険、もしくは民間保険にご加入なさることを強くお勧めします。詳細についてはお住まいになる地域の健康保険機関にお尋ね下さい。

就学児について

学齢期のお子さんが同行する場合は、通学する前に各お子さんに対する就学許可証の取得が必要です。同伴家族のお子さんの申請にあたっては、入学許可書及び残高証明書は不要です。ただし、あなたがケベック州で就労する場合は、お子さんの就学許可証を申請する前にCAQ(Certificat d'acceptation du Quebec)と呼ばれるケベック州政府からの許可を取得しなければなりません。詳しくはケベック州の許可をご覧ください。

あなたが就学許可証、若しくは、就労許可証を申請するとき、同時にお子さんの就学許可証を申請しても構いませんが、お子さんの申請の許可はあなたの申請が許可されることが前提となります。もし、あなたの申請が却下された場合は、お子さんの申請も却下され、申請料金は返却されませんのでご承知おき下さい。

また、カナダ入国後、お子さんの就学許可証の有効期限が切れた場合、あなたの就学許可証もしくは就労許可証が有効で、あなたとともにカナダに滞在している間は、お子さんは就学許可証の延長申請をする必要はありません。但し訪問者の資格(ビジター・ステイタス)は必要ですので、就学許可証が切れる前にカナダ国内でビジター・レコード(ビジター・ステイタスを証明するもの)を申請してください。

予防接種について

カナダの多くの州では、18歳未満の学生の就学にはジフテリア、破傷風、ポリオ、麻疹(はしか)、風疹、おたふく風邪などの予防接種証明の提出が求められます。従って、今まで受けた予防接種の記録や証明書類をご持参されることをお勧めします。

もし接種記録等が取得できない場合は、接種のため60日間の猶予が与えられますので、その間に接種して下さい。また、地元の医師等の裁量により接種が不可能な場合には、両親又は医師による理由書を提出して下さい。

宗教的理由、アレルギー体質等により接種が不可能な場合には、両親又は医師による理由書を提出して下さい。

後日カナダで合流される家族について

日本国籍のご家族があなたとカナダで合流するため、後日ビジターとしてカナダへ入国する場合、査証は不要です。しかしながら、カナダ到着の際に入国審査が行われますので、予めあなたの就学許可証のコピーをご家族に送り、入国審査のとき、それを提示するようにして下さい。

ページ上部へ

申請料

2012年5月1日以降、査証部で受理する申請書に適用
※2012年5月1日以降毎月日本円換等レートが変更になります。

就学許可証

= $150 又は ¥12,000

査証申請料金の支払い

日本で申請する場合

支払いは日本円の銀行送金のみ受け付けます。日本全国のどの銀行からでも送金可能です。
査証部の振込先口座は次のようになります。

金融機関名 シティバンク銀行
支店名 赤坂
科目 普通
振込先氏名 カナダ大使館
口座番号 5135438

振込人の氏名欄には主たる申請者の名前をフルネームで記入してください。もし日本の電話番号を持っていない方は、電話番号のところに、大使館の電話 番号(03)5412-6200を記入してください。
なお、送金にかかわるすべての銀行手数料は送金人の負担となりますので予めご了承ください。送金に当 たっては、申請料金表にある申請料の金額のみ送金してください(他の交換レートを使ったり、余分な料金を足して送金しないよう、くれぐれもご注意ください)。

申請する前に必ず申請料の支払いを銀行で済ませてください。申請書に必ずオリジナルの送金の控えを添付して申請してください。次の方法での支払いは受け付けられませんのでご注意ください:インターネットバンキング、小切手、郵便局発行の普通為替証書、現金、クレジットカード等々。指定外の方法で支払いをした申請書はすべて返送されます。

海外からの支払い

申請料をカナダドルで支払う場合は、サーティファイド・チェック(certified cheque)、バンクドラフト(bank draft)、 マネーオーダー(money order)のいずれかとし、受取人は the Receiver General for Canada と指定してください。

カナダ大使館のお問合せ先

査証詳細情報は、カナダ大使館査証情報まで。