ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
サイトの主なメニューへ移動。
メニューを飛ばして、このページの本文へ移動。
ここからページの本文です。
西武トラベルトップ > 西武トラベル 留学センター > 国情報/留学の手順/留学前集中講座

国情報/留学の手順/留学前集中講座

なぜカナダがいいか?

優れた教育

  • 国際的に定評のある高水準な教育プログラム。
  • 短大卒業後、大学への移行が容易である。

経済的な留学費用

  • 生活費がさほど高くなく、学費も適正である。

国際性と革新性

  • 国際的な都市では、博物館、ギャラリ―、ライブシアター、ダンス公演、音楽コンサートなど幅広い文化活動を実施・運営。
  • コンピュータや情報技術において、カナダは、世界のリーダー的な国の一つ。

多文化的社会と友好的な人々

  • カナダ人の大部分は、移民の多民族国家で、開放的で友好的なカナダ人の大部分は、移民の多民族国家。

安全性

  • カナダは、平穏で安全、秩序のある国。日本同様、銃器の規制は、厳しい。
  • 簡単な入国手続き

働く機会が豊富

  • 企業内研修や実習、アルバイトなど、勉強をしながら働く機会が豊富で、就職にも役立ちます。
  • カレッジ・大学卒業すると3年間ワーキングVISAが取得できます。

スポーツとレジャー

  • カヌー、釣り、スキー、ハイキングなど、スポーツの種類が豊富。

留学までのステップ

STEP01

ご出発1年から2年前に、お電話・メール・来社にて情報収集をお受けください。
電話:03-6743-7173

STEP02

ご出発1年から2年前に、お電話・メール・来社にて、
じっくりマンツーマンで無料カウンセリングをぜひ受けてみてください。
電話:03-6743-7173

STEP03

ご出発1年前からお電話・メール・来社にて留学プログラムにお申込みください。
留学の不安や疑問をカウンセリングで解消いたします。
留学申込書の到着とご入金をもって、正式にお申込みくださいませ。

STEP04

ご出発6ヶ月前から2か月前から航空券等の各種手配
カウンセラーが責任をもって皆さまのお手伝いをします。
必要な航空券、査証、海外留学保険、現地の空港出迎えサービスの手配等を行います。

STEP05

ご出発6ヶ月前~2ヶ月前に出発前の英語学習サポート
TOEFLのスコアーアップの講座を受け、英語力に磨きをかけましょう。

STEP06

ご出発1ヶ月前~1週間前に最終出発前オリエンテーションにご参加ください。

STEP07

留学中の現地でサポートを受けられます
現地での留学生活上困ったことや、進路の相談などを遠慮なくご相談ください。

TOEFL・IELTS講座

TOEFL・IELTS講座 スケジュール

- 17:30~19:00
(90分)
19:30~21:00
(90分)
TOEFL初級スピーキング
(2pt)★
TOEFL中級ライティング
(1pt)◇
- 17:30~19:00
(90分)
19:30~21:00
(90分)
TOEFL初級ライティング
(1pt)◇
TOEFL中級スピーキング
(2pt)★
15:30~16:30
(60分)
16:30~18:00
(90分)
18:30~20:00
(90分)
IELTS中級スピーキング(1pt) IELTS中級ライティング(1pt) IELTS中級ライティング・
スピーキング(2pt)
15:30~16:30
(60分)
16:30~18:00
(90分)
18:30~20:00
(90分)
IELTS初級スピーキング(1pt) IELTS初級ライティング(1pt) IELTS初級ライティング・
スピーキング(2pt)
- 17:30~19:00
(90分)
19:30~21:00
(90分)
TOEFL/IELTS初級リーディング
(1pt)
TOEFL/IELTS
初級リスニング
(1pt)
9:30~11:00
(90分)
11:00~12:40
(90分)
12:45~14:15
(90分)
14:25~15:55
(90分)
16:05~17:35
(90分)
17:45~21:00
(180分+15分
休憩)
IELTS
リスニング
(1pt)
IELTS
リスニング
(1pt)
TOEFL
中級ライティング
(1pt)◇
TOEFL
中級
スピーキング
(2pt)★
TOEFL
初中級
リーディング
(1pt)
TOEFL
初中級
リスニング
(2pt)
9:30~11:00
(90分)
11:00~12:40
(90分)
13:30~15:00
(90分)
15:00~16:30
(90分)
17:00~18:30
(90分)
18:30~20:00
(90分)
IELTS
ライティング・
スピーキング
個人レッスン
(4pts)
IELTS
ライティング・
スピーキング
個人レッスン
(4pts)
IELTS
ライティング・
スピーキング
個人レッスン
(4pts)
IELTS
ライティング・
スピーキング
個人レッスン
(4pts)
IELTS
ライティング・
スピーキング
個人レッスン
(4pts)
IELTS
ライティング・
スピーキング
個人レッスン
(4pts)
- 19:30~21:00
(90分)
TOEFL/IELTS
発音クリニック
(1pt)

★TOEFLスピーキング定員3名
◇TOEFLライティング:定員15名
TOEFL・IELTS初級: iBT61点を目指す方・IELTS5.0を目指す方を対象
TOEFL・IELTS初中級・中級: iBT61~100点を目指す方・IELTS5.5~7.0以上を目指す方を対象

TOEFL講座

TOEFL iBT対策講座

英語圏の大学への留学を目指す皆さまにとってTOEFLは最初に立ちはだかる大きな壁です。英語を実際にどれだけ使えるのかという点に焦点が当てられた難易度の高いテストになっています。正規留学専門機関として長年の実績を誇る海外進学センターのTOEFL iBT講座は、TOEFL教授経験が豊富な講師によりカリキュラム・教材開発がされ、スコアアップに直結できるテクニックやノウハウを伝授します。

毎日入校可能、ポイント制、科目別、通い放題コースの設定など、皆さまのニーズに合ったコース設定となっています。

TOEFL iBT対策講座 スケジュール

初級スピーキング 17:30~19:00
中級ライティング 19:30~21:00
初級ライティング 17:30~19:00
中級スピーキング 19:30~21:00
TOEFL/IELTS 初級リーディング 17:30~19:00
TOEFL/IELTS 初級リスニング 19:30~21:00
中級ライティング 12:45~14:15
中級スピーキング 14:25~15:55
初中級リーディング 16:05~17:35
初中級リーディング 17:45~21:00
TOEFL/IELTS 発音クリニック 19:30~21:00

※スピーキング及び土曜日の初中級リスニングの講座は1回の講義につき2ポイントの消費となります。それ以外の講座は1回の講義につき1ポイントの消費となります。

講師紹介

内宮慶一(Keiichi Uchimiya)

TOEFL iBTは英語のテストとしては最高難度に位置するものですから、独学で何とかできる方はほとんどいません。海外進学センターのTOEFL iBT講座は、TOEFLを知り尽くした講師が攻略法を伝授いたします。私自身はTOEFLの指導経験が20年以上に及びますが、毎月のように自ら受験してそれを授業に反映させています。世界最低ランクの日本人のTOEFLスコアを、自分の教えている皆さんから改善していくことが私のライフワークです。

松里 由利子(Matsusato Yuriko)

TOEFL のスコアを確実に伸ばす為に必要不可欠なのは「正しい戦略」と「効率の良いトレーニング」です。TOEFLのスコアが伸び悩んでいる人の多くはこの事に気づかず、ただ過去問題や練習問題を解き続けています。結果的に、貴重な時間とお金を浪費しているうえ、スコアアップの手がかりさえ見つけられないというのが現状ではないでしょうか?海外進学センターのTOEFL iBT講座では、「正しい戦略」と「効率の良いトレーニング」を提供し、スコアアップに重点を置いた授業を行っています。

TOEFL iBT講座の指導方針

TOEFL iBTにおいて最も比重の大きいスキルはリスニングです。1つのセクションとして存在するだけでなく、スピーキングやライティングにおいても聞いたものに基づいて話したり、書いたりする問題があるからです。聞いて分からなければ、話したり書いたりすることができないわけです。それ故、海外進学センターのTOEFL iBT講座においては、リスニングに最大の時間を充てています。 授業では、実際のTOEFLテストと同じナレーターの吹込みによる本試験そっくりの教材を用いて徹底的なディクテーション(書き取り)を行い、聞き取りのポイントを伝授します。これにより1分間に200語もの高速(高校生の平均黙読スピードは1分間に数十語)で 読まれるTOEFLテスト対応の耳を育成します。「効率よく確実にスコアアップを狙う」のが、海外進学センターのListening対策です。

新しく設けられたスピーキング・セクションもバイリンガル講師が徹底指導します。

新たに導入されたSpeaking Sectionでは「英会話力」ではなく、いかに自分の意見を明確に、聞き取り易い発音やイントネーションで喋れるかが重視されます。 所謂、「スピーチ力」が必要です。本講座では効果的なスピーチの構成法を中心とした対策を徹底指導します。

ライティングの熟練講師が指導します。

TOEFLのライティングでスコアを確実にとるためには、英文のライティングのスタイルを身に付けていることが必要です。 TOEFL iBT講座では実際にIndependent Taskとして出題される185のエッセイ・ライティングのトピックを使用して、熟練講師が論理的な英文の組み立て方の指導と徹底添削指導を行います。また、Integrated Taskでは、実際のTOEFL iBT本試験と同様にトピックに関連したリーディングとリスニングを行い、ライティングの演習を行います。

最も確実な得点源となりえるリーディングで確実に高得点を狙います。

TOEFL iBTでは、従来のTOEFL PBTやTOEFL CBTで存在した文法セクションがなくなりました。このため、多くの日本人学習者にとって最も得点が取りやすいセクションはリーディングになったと言えるでしょう。 このセクションを最大の得点源とすべくTOEFL講座では、リーディング攻略の最大のカギとなるボキャブラリーに重点を置いた指導を行っています。リーディング及びリスニングの授業の冒頭で単語テストを実施 授業中も、教材中の重要な短熟語をリーディング・セクションで出題される同意語とセットにして繰り返し学習 出題される学問分野(例えば生物学)特有の語彙に関連するものをグループ化して学習 インタラクティブな授業で1回の授業で何回も当てられる。

TOEFL iBTのスピーキング及びライティング対策、留学のためのグラマー・クラスです。

グラマー・クラスでは、主にTOEFLのどのセクションでも重要な24項目の文法事項を体系的に学べるよう指導します。 また、TOEFL PBTのグラマー・セクションの問題の中から精選した難易度の高い問題を解きながら、ライティングやスピーキングへの応用にもつながる文法の力を付ける指導をします。 TOEFL PBTは現在のところ日本国内で実施される予定はありませんが、これからTOEFL を勉強しようと考えられている方、TOEFL iBTのライティングやスピーキングで高得点を狙う方、またはTOEFL ITPを受験予定の方には毎回、目からウロコが落ちること必至の授業です。 文法に関しては、留学した時点の力が高ければ高いほど、その後の英語力の伸びも大きくなります。 この授業を通じて高い文法力を身に付け、留学を成功させましょう。

TOEFL iBTとは?

スピーキングセクションを増設

2006年7月から導入されましたTOEFL iBTテストは「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「ライティング」の4セクションからなります。スピーキングでは、受験者はマイクに向かって自分の考えを話します。きれいな発音や文法的な正しさは大切ですが、それ以上に重視されるのは、伝えたい内容を論理的に組み立て、わかりやすく表現することです。

文法セクションの廃止

文法の知識を個別に問う設問は廃止されますが、文法が不要ということではありません。十分な文法知識だけでなく、自在にそれを使いこなす運用能力が必要です。

“生”の英語の発音

きれいな発音が中心の現行TOEFLから、TOEFL iBTは日常で話される「自然な」英語が使用されます。くだけた口調の発音も含まれています。

受講ご希望者は、当社にお申し付けください。

IELTS講座

英語圏の大学への留学を目指す皆さまにとってIELTSは最初に立ちはだかる大きな壁です。英語を実際にどれだけ使えるのかという点に焦点が当てられた難易度の高いテストになっています。正規留学専門機関として長年の実績を誇る海外進学センターのIELTS講座は、IELTS教授経験が豊富な講師によりカリキュラム・教材開発がされ、スコアアップに直結できるテクニックやノウハウを伝授します。
毎日入校可能、ポイント制、科目別、通い放題コースの設定など、皆さまのニーズに合ったコース設定となっています。

IELTS講座 スケジュール

中級スピーキング 15:30~16:30
中級ライティング 16:30~17:30
中級スピーキング・ライティング 18:30~20:00
初級スピーキング 15:30~16:30
初級ライティング 16:30~17:30
初級スピーキング・ライティング 18:30~20:00
TOEFL/IELTS 初級リーディング 17:30~19:00
TOEFL/IELTS 初級リスニング 19:30~21:00
リスニング 9:30~11:00
リーディング 11:10~12:40
スピーキング・ライティング個別レッスン 9:30~11:00
スピーキング・ライティング個別レッスン 11:00~12:30
スピーキング・ライティング個別レッスン 13:30~15:00
スピーキング・ライティング個別レッスン 17:00~18:30
スピーキング・ライティング個別レッスン 17:00~18:30
スピーキング・ライティング個別レッスン 18:30~20:00
TOEFL/IELTS 発音クリニック 19:30~21:00

講師紹介

内宮慶一(Keiichi Uchimiya)

IELTS対策講座の指導方針

IELTSのリスニングはリーディングやライティングとは異なり、General(移民等の一般向け英語力テスト)とAcademic(英語圏の大学・大学院留学のための英語力テスト)に分かれていません。このためTOEFLテストに比べると、はるかに易しいものとなっています。具体的には、聞き取り自体に重点を置いており、問題用紙を見ながら埋めていく部分が聞き取れればそれで正解できてしまう問題が多いのです。多くの日本人受験者にとっての問題は、イギリス英語やオーストラリア英語の発音です。特に今までの英語学習の中でアメリカ英語しか聞いてこなかった人は、戸惑うこともあるでしょう。海外進学センターのIELTS講座ではすべて本物の問題・本物の音声を用い、特に聞き取りが問題となる部分のディクテーションやリプロダクション(復唱)を行うことによって、IELTS対応の耳を養成します。

1時間で2つのエッセイ(レポート)を解答用紙に手書きします。それぞれTask 1、Task 2と呼びます。Task 1は、20分間を目安に仕上げます。グラフ、表などのデータや機械操作の手順が与えられ、それについて分析をし、順序立てて150語以上の文章を書くことが要求されます。Task 2は40分間を目安に、与えられたテーマについて、250語以上の文章を書きます。Task 2はTOEFL iBTライティングのIndependent Taskのテーマに似ています。
アカデミックモジュールを受ける方は、大学で通用するレベルの文体、内容の英語力を見られていることを念頭に文章を作成していくことになります。文体はあくまで文語体。内容は、客観的で、しかも、論理の進め方が首尾一貫していることが大切な要素となります。ライティング・クラスでは、Task 1で頻出であるグラフや表の分析に使われる特有の表現方法や、日本語とは違う英語のエッセイ構成、理論の組み立て方について個々人の英語力に合わせ紹介していきます。

試験の1番最後に行われます。ネイティブスピーカーの試験官1人との1対1の会話形式。所要時間は11分から14分。この試験では、ある1つのトピックについて話しをしていきます。自分の考えを述べていくことがポイントとなります。でもあまり心配することはありません。まず初めに、自分自身や家族のこと、または住んでいる街のこと等に関する一般的な質問をされます。
例えば、Could you tell me about your family? とか、You live in Tokyo. Is this your hometown? 等です。そのあと、あるテーマについて1~2分間のミニスピーチをします。テーマはカードに書かれていますので、それを読み、まとめ、スピーチをします。例えば、「あなたにとって心に残る人物について話して下さい。」、「あなたは参考文献がなかなか手に入らず、レポートが提出期限に間に合いそうもありません。提出期限延長が可能かどうか、担当教授に聞いて下さい。」等です。

最後に、スピーチをしたテーマで、より抽象的な話し合いを行います。つまり、ミニスピーチ以外は、試験官との会話をすることにより、英語力を評価されることになります。評価のポイントは、1.流暢さと会話の一貫性 2.語彙力 3.文法力 4.発音 です。発音は、英国系のテストだからといってイギリス英語である必要はなく、あくまで相手にしっかり伝わる発音であればよいのです。しかし、理屈はわかっていてもいざとなると、思った通りに発話できないものです。まして、試験場で試験官相手に話すのはかなりの緊張を強いられますから、持っている力を100%出すのは難しいものです。スピーキング・クラスでは、本番での緊張をほぐし、自分本来の力を最大限出すテクニックから、スコアアップのためのさまざまな表現方法、英語圏特有のコミュニケーションのとり方のノウハウを指導します。

IELTSのリーディングは外国人向けの英語力テストとしてはある意味で最も厳しいものであると言えます。60分間で3パッセージ、40問の問題に答えるわけですが、問題文の語数が2500語に及びます。TOEFLテストのiBTが同じ60分間で3パッセージ、問題文の語数は約2100語ですので、TOEFLテスト受験済みの方は、驚かれるかもしれません。しかし厳しいのは量的な部分に過ぎないのです。英文の難易度はTOEFLテストほどではありません。つまりIELTSのリーディングは情報探しの問題なのです。ではその対策はとなると、必然的に「訓練」ということになります。しかし市販のIELTS問題集は、日本語のものは実際のIELTSと比べて簡単すぎるものが多く、英語のものは解説がないまたは不十分なのです。海外進学センターのIELTS講座ではすべて本物の問題を使用し、原則的に毎回2パッセージ(1つは予習用、1つは授業内でのテスト)をこなしていきます。もちろんこれに詳しい解説がつくわけですから、独学とは比べ物にならない効果が得られます。

IELTSの試験内容

受講ご希望者は、当社にお申込みください。